日本全国に点在する方言ですが、その中でも特に可愛らしく、男性から好かれているのが博多弁等に代表される福岡弁です。博多弁=福岡弁という認識の人もいますが、実はそうではなく、福岡の地域ごとに方言は微妙に異なるのです。

福岡には博多弁だけでなく、北九州弁や主に前の肥後地方に使われている、筑肥方言と呼ばれる方言もあります。そのような複雑な福岡弁ですが、中でも有名なのが語尾にとうを付け、告白の言葉として使われる「好いとう」や「ばり好いとーと」です。この意味や例文などを、ご紹介します。

「ばり好とーと」の意味

この「ばり好いとーと」ですが、標準語に直すと「凄く好いているのだ」、つまりは「凄く好き」という言葉になります。

前に付く「ばり」が「凄く」や「とても」という意味になります。ラーメンの麺の固さが選べる店にある「バリ固」はとても固い麺、ということになるのですね。

この「とーと」ですが、動詞の連用形に接続するのが主で、更には肯定文の場合でも「とーと」や「とったい」が同じ「~ている」という意味になったり、過去形の「~ていた」なら「とった」になるなどし、他にも未然形や命令形が含まれる五段活用動詞では、「とーと」の場合のみ音便形を使用するなど、ちょっと調べただけでも、かなり複雑なことが分かります。

したがって、同じ「好いとーと」「好いとーと?」でも当たり前ですが、疑問形と肯定で意味が異なります。
「とーと。(のだ)」で「とーと?」が「~ているの?」ということになります。
「好いとーと?」だと「好いているの?」、「好きなの?」という形になります。

「ばり好いとーと」などの福岡弁の由来

福岡弁、と何度も言っていますが、「がっしゃい言葉」とも呼ばれています。

この福岡弁の由来は江戸時代、博多に黒田氏が福岡城を築いた時代にまで遡ります。
当時は城下町が形成され、博多の中心地は那珂川を境として左岸側が「福岡部」、右岸側が「博多部」、そして博多川と那珂川の間が「中洲」とされました。

福岡部で福岡弁は話されていましたが、特に福岡城に努めている武士が使用していたことから格式ばった言葉が特徴でした。
ですが、この福岡弁を使う人が少なかったことなどから昭和から平成の終わりまでには話す者はほぼ消滅し、方言研究家の文献と言った一部の資料として残っているのみです。
この福岡弁の代わりのように明治以降には博多弁が博多部から福岡市と周辺に広がっていきました。

「ばり好いとーと」の例文

美奈
美奈
サツキ、こんお菓子好いとーちゃね?知り合いに貰ったから、良ければどげんぞ
(サツキ、このお菓子好きだよね?知り合いに貰ったから、良ければどうぞ)
ありがとう!うん、ばり好いとーと!
皐月
皐月

女友達から好きなお菓子を貰う、というシチュエーションにしてみました。
福岡弁の資料が調べても少なく、博多弁が一部入り込むような形になってしまいましたが

まとめ

福岡弁について語ってきましたが、博多弁=福岡弁でないということ、分かっていただけたでしょうか?
福岡弁を喋る人が少なく、博多弁を話す人が多くなったという背景には驚きましたが、確かに博多弁を駆使したりアピールする有名人や芸能人、最近多いですよね。

方言のことを調べると、歴史的背景や意外な活用法、変形の仕方などが分かって楽しいですよ!

おすすめの記事