白川郷などの世界遺産や明智光秀ゆかりの地など、様々な観光名所がある岐阜県。
しかし、岐阜弁と言われると、いまいちどのような言葉なのか分からなくないですか?
今日紹介する「やっとかめだなも」などは特に初見だと意味が分かりにくい言葉ですよね。この言葉の意味や、岐阜弁がどういうものなのか、詳しく見ていきましょう。

方言

やっとかめだなも

地域

岐阜県

意味

「やっとかめ」で久しぶりという言葉、「だなも」は語尾に付ける言葉で「ですね」や「だね」を表わす肯定文です。
したがって、「やっとかめだなも」は「久し振りだね(ですね)」という言葉になります。

語源・由来

やっとかめの語源には諸説ありますが、名古屋弁にも同じ意味の方言があり、それによると名古屋の方では「八十日目」と書いてやっとかめと読むことから、人の噂は75日、それに更に5日足した80日間、噂が過ぎ去る程会っていないことになるから久しぶり、という意味がありやっとかめと言うのだ、という説が1つ目です。

2つ目は「やっと10日目」が訛ってやっとかめという説です。
最後の3つ目はそもそもこの「やっと」というのも「長い間」という意味を持つ方言であることから、長い間合わなかったから久しぶり、というストレートに取れる説です。

岐阜弁と書いていますが、その岐阜弁は美濃弁の中に入っている方言のこととも言われています。
岐阜県は位置的に西日本方言と東日本方言の境界線地帯に存在しており、文法は西日本的で、音韻・アクセントでは東日本的という二面性を持っています。

また、岐阜県は長野県や北陸地方、そして近畿地方との県境での方言差が大きい面がありますが、それと比較して岐阜県内での方言差が小さいことも特徴です。
美濃弁は東西で関西弁や長野弁・山形弁・静岡弁的な色彩が強くなる地方に分かれており、岐阜弁はその中で地域別にごちゃ混ぜみたいになっているようです。

「やっとかめだもね」の使い方

名古屋弁の方では若者は使わず、年配の人が使っているという情報が飛び交ったりしていますが、岐阜弁の方はそのような情報はあまり見ないことから、この場合普通に使っていると推測することにします。
長年会ってない友達に偶然会った時とかに使ってそうですね。

例文

美奈
美奈
やだ、やっとかめだもね、一瞬だぁれかと思っておうじょうこいた!まめにしてた?
(やだ、ひさしぶりだね、一瞬誰かと思ってびっくりしたよ!元気にしてた?)
うん、色々あったけどまめだよ。わっちも一瞬おまはんやけど分からなかったよ。
(うん、色々あったけど元気だよ。私も一瞬あんただと分からなかったよ。)
皐月
皐月
美奈
美奈
あ、日曜日時間あるもしよかったら一緒にランチ行かない?わっち今から仕事ほやから
(日曜日時間ある?もし良かったら一緒にランチ行かない?私今から仕事だから)
いいね、行こう行こう!
皐月
皐月

久方ぶりの友達とランチの約束を、といった感じになりました。標準語が混ざっちゃてるのはご容赦ください。

まとめ

岐阜弁、美濃弁の「やっとかめだもね」の意味や語源などを紹介してきました。
岐阜弁は色んな地方の言葉がごちゃ混ぜミックスみたいな感じなんですね、隣接県がある所の方言は大体そうかもしれませんね、というより混ざってない方言の方が珍しいのかもしれません。

最初は意味が分からなかったやっとかめだもねですが、語源を見たら成程ねと思いました。
昔の人は今よりそう簡単に人と再会できませんから、そんな背景からこの方言が生まれたのかもしれませんね。

おすすめの記事