近畿圏に入っている兵庫県。一見関西弁を喋っていると思いきや、兵庫弁という、関西弁とも違う方言を話していることが分かりました。
関西圏の人でも聴き慣れない言葉が沢山ある兵庫弁。
そんな内情と、方言の1つの「べっちょないよ」という言葉の意味や意外な由来など、解説していきます。

方言

べっちょないよ

地域

主に兵庫県

意味

「べっちょないよ」は兵庫弁で大丈夫よという意味で、「べっちょない」が方言です。
大丈夫の他にも、問題ないもしくは差し障りない、変わりないなどといった意味で使われています。
疑問詞やそれ以外でも使用できます。

語源・由来

「べっちょない」は「べつじょうない」という言葉が訛って生まれた方言です。
兵庫弁でなく播州弁または播磨弁や播磨方言とも呼ばれています。
播磨国と呼ばれていた兵庫県南西部の播磨地方で話される方言で、近畿方言に含まれていますが、中国方言と共通する部分も多いそうです。
一口に播州弁と言っても西播方言と東播方言の2つに分けられます。その分け方は河川の領域ごとに大きく分けられており、揖保川流域・千種川流域のたつの市・相生市・赤穂市・宍粟市・揖保郡(太子町)・赤穂郡(上郡町)・佐用郡(佐用町)といった地域が西播方言、加古川流域・市川流域・夢前川流域の3つが東播方言です。

因みに姫路市は西播の方に区分されますが、方言上は東播に属しています。また、東播の方の湾岸部では大阪方面との交通が発達して都市化・工業化が進んでおり、方言の方にも大阪弁の影響が見られます。

そして播州は地図上では明石海峡を挟み淡路島とも接していますが、淡路島で話されている淡路弁は紀州弁や徳島弁との共通も含まれており、播州弁とは異なっているそうです。

「べっちょないよ」の使い方

先にも書きましたが、大丈夫や問題ないといったニュアンスの方言で日常でもよく使う言葉なので、そのまま日常会話で使えます。
ただ、あまり若い人が喋っているイメージは持たれていないそうです。

「べっちょないよ」の例文

母親
母親
おまんえらいヒールあるサンダル履いてるけど、べっちょないん?
(あんた凄いヒールあるサンダル履いてるけど、大丈夫なの?)
べっちょないよ、高いように見えるけど案外おんま走っても死んどくならへんねんで
(大丈夫よ、高いように見えるけど、案外全力で走っても疲れないんだよ)
皐月
皐月
母親
母親
なら良いけど、階段からあだけたりしやんといてな、恥ずかしいから
(なら良いけど、階段から転げ落ちたりしないでね、恥ずかしいから)

高いヒールのあるサンダルを履く娘を心配する母、というシチュエーションです。
実際に歩けるのかなと思うくらいに高いヒールのある靴ってありますよね。
1メートル歩いたら折れそうなくらいに細いヒールとか。

まとめ

兵庫弁ないし播州弁に含まれる「べっちょないよ」の「べっちょない」という言葉の意味や播州弁の成り立ちなどを解説してきました。
筆者自身関西に住んでますが、生まれてこの方べっちょないとかおんま、あだけるなんて言葉が兵庫県にあるなんて知りませんでした。

同じ関西でも全く知らない地方の言葉を聞いているようで不思議でしたが、他の方言と同じく地方の言葉のミックスなんですね、だから関西の言葉と播州弁が混ざってると、そういうことです。
あと淡路弁も他県の影響受けてるんですね、知らなかったし面白いです、あと方言は今更ですが奥が深いですねぇ…。

おすすめの記事