方言と聞いて真っ先に思い浮かべるのはなんでしょう、大阪弁率いる関西弁、もしくは博多弁、はたまた沖縄弁でしょうか。
近年空前の方言ブームの中、密かに可愛いと言われて人気に火が付いているのが宮城弁です。
今回紹介する宮崎弁は、「もぞなぎいわねぇ」という、初心者だとちょっと分かりずらく見えるこの言葉です。
宮崎弁の由来などと共に、ご説明していきます。

方言

もぞなぎいわねぇ

地域

宮崎県

意味

「もぞなぎい」=「可哀想」という意味、そして「ねぇ」で「可哀想な気がする」となります。

宮崎弁の由来

一口に宮崎弁と言っても大きく分けて2つあり、日向弁または日向方言と呼ぶ宮崎県の広い地域で使われている豊日方言に分類されるもの、宮崎県南西部一帯で使われる諸県弁と呼ばれている薩隅方言に分類されるものです。薩隅方言を使っている地域は、かつて都城市が薩摩藩島津氏の統治下にあったことが由来といわれています。

また、大きくは2つですが、日向が昔は多くの藩に別れていたこと、平野部と山間部の間の交通が閉ざされていたことから、更に幾つかの方言圏として分かれています。

そんな中でも東諸県郡は諸県と日向の中間的方言で、関所の外の地域で他藩との交流が容易且つ宮崎市内との交通往来が盛んなことから、薩隅方言の特徴が失われていき、日向方言が進んでいっています。

以上のような沢山の地域で成り立っている宮崎弁ですが、濁音が少ないという点は地域問わず全てで共通している点です。濁音が多い方が男性的で威圧感があるとされ、少ないと柔らかい女性的な響きがあると日本の方言では言われているので、そうすると宮崎弁は女性的で可愛らしい柔らかい響きがある方言の1つだといえるでしょう。

「もぞなぎいわねぇ」の使い方

このもぞなぎいわねぇ、実はあまり若い人が一般的に使う方言でなく、使うとすれば宮崎弁をバリバリ使いこなせている仲の良い者同士になるそうです。
ただ、使わなくても意味は分かる人は多いそうです。
加えて代々聞かせれており、現在も言っている人と言っていない人で分けられるそうなので、千差万別ともいえそうです。

使うとすれば「あそこの子、親に言われて大学退学したのよ、もぞぎないわねぇ」といった感じでしょうか、気がする、なので可哀想よりも幾分か主観が入って曖昧な感じと思います。

「もぞぎないわねぇ」の例文

鈴木拓
鈴木拓
佐々木ん奴に1人で心霊スポット行かせたんやって?
(佐々木の奴に1人で心霊スポットに行かせたんだって?)
心霊スポットじゃねえで、単なる知り合いん別荘ちゃ、ちゃんと許可取っちょる
(心霊スポットじゃなく、単なる知り合いの別荘だよ、ちゃんと許可はとってる)
弘志
弘志
鈴木拓
鈴木拓
でもあいつ、泣きはらして逃げてきてん聞いたぞ?
(逃げてきたって聞いたぞ)
あー、天井からこんにゃくやらマネキンやらが落ちてくるごつ(ように)工夫したっちゃが。(したんだよ)真っ暗やかぃ本物と思うたん(だから本物と思ったん)じゃね?
弘志
弘志
鈴木拓
鈴木拓
そりゃ…、自業自得だけんど、もぞなぎいわねぇ
(自業自得だけど、可哀想な気がするな)

心霊スポットと称して懲らしめるという感じですが、別荘を似非心霊スポットにする許可をくれる知り合いもどうかと思います、書いた張本人ですけど。

まとめ

宮崎弁「もぞぎないわねぇ」を中心に語ってきました。
最初見た時はすわ何かの呪文かと身構えるしキーボード打つのも苦労しましたが、何回かすると慣れてくるものですね。宮崎も薩摩の支配に入ってたのかぁ、とか言葉が分裂するほどそんなに藩があったのか、など知らない歴史も紐解けました。
単に私が勉強不足なだけと思いますが。今流行っている方言、宮崎弁の由来、少しは分かっていただけたでしょうか?もしそうならとても嬉しいです。

おすすめの記事