【長崎弁】「てれんぱれん」は人や行動に対するダメ出しの言葉!?実はもっと奥深い意味が隠されていた

長崎弁として広く使われている「てれんぱれん」という言葉。なんとも可愛い響きですよね。

実はこの「てれんぱれん」、人から言われてしまうとダメージを受ける「ダメ出しの言葉」だったんです。一体どんな意味なのでしょうか?まとめてみました。

方言

てれんぱれん

方言の地域

長崎県

方言の意味

「だらだらしている、ぶらぶらしている」という意味の言葉です。

「てれんぱれん」の語源

「てれんぱれん」というかわいらしいイントネーションのこの言葉、実は由来となっているのは標準語でも使われる「ちゃらんぽらん」という言葉なんです。

長崎弁として定着しているこの言葉、実は大分が発祥といわれています。長崎や福岡、熊本の一部でも使われているので、九州では共通語のようになっています。

そして、由来である「ちゃらんぽらん」とはまた少し違う意味で使われているのも興味深いところ。

「ちゃらんぽらん」の定義が"しっかりした考えがなく、その場かぎりでいい加減なこと"である一方、
「てれんぱれん」は"だらだらしている、ぶらぶらしている"というように、全く同じ意味ではないんです。

実はこの「てれんぱれん」、幅広いニュアンスを持つ不思議で便利な言葉でもあったんです。

「てれんぱれん」は、長崎の人からすると「悪いことではないけれどちょっとのんびりしすぎていてマイペースでルーズ」のような、お世辞にも褒め言葉としては使わない印象を持っています。

「てれんぱれん」を使用した例文

てれんぱれん」は人がしている行動に対しても、また人の性格を形容するときにも使えます。

たく
たく

ばりきつか~!(めっちゃ疲れた~!)

てれんぱれんしとらずに、手がせすればよかた(ダラダラしていないで、家の手伝いぐらいすればいいだろうに)

みな
みな

まとめ

いかがでしたでしょうか。「てれんぱれん」はその特殊な響きから、九州を舞台にした作品や著者の出身地が九州だったりすると登場することもあるようです。
「だらだらした、ぶらぶらした」という意味ではあるものの、現地の人が使うともっと奥深いニュアンスも含まれており、言葉の歴史を感じますね。

おすすめの記事