【沖縄弁】​​沖縄県の方言「すー」の意味と例文

方言

すー

方言の地域

沖縄県

スポンサーリンク

方言の意味

お父さん

「すー」について

「すー」とは沖縄方言で「お父さん」を意味する言葉です。
沖縄では家族内で親を指す際に独特の言葉を使うことが多く、「あんまー」が「お母さん」を意味するのに対し、「すー」は「お父さん」を指します。
この言葉は一般的な日本語の「お父さん」と同様に、親愛や敬意を込めて使われます。
また、士族のお父さんを指す「たーりー」という方言もあり、これは沖縄方言特有の身分に応じた使い分けの一例です。

「すー」の使い方

みさき
みさき

すーぐぁ、今日も仕事かい?
(お父さん、今日も仕事なの?)

うん、ちょっと忙しいんだ。お前も気をつけてな
(うん、ちょっと忙しいんだ。君も気をつけてね)

父

「すー」の例文

  1. すーぐぁ、いつもお酒ばっかり飲みやがって!
    (お父さんは、いつもお酒ばかり飲んでいる!)
  2. すーぐぁ、あんまーが呼んでたよ
    (お父さん、お母さんが呼んでいたよ)
スポンサーリンク
おすすめの記事