滋賀県 満月寺浮御堂 琵琶湖

県の中央にそびえる大きな湖、琵琶湖でよく知られている滋賀県。
他にも近江牛やでっち羊羹でも有名ですよね。
そして滋賀弁は関西弁の中の1つで似ていると思っている人もいますが、関西だけでなく北陸地方や中部地方の影響も受けている方言なのです。

中でも珍しいのは「ほっこりする」という滋賀弁です。
ある県の影響を受けている所為か通常の意味とは違う使い方をするのですが、その意外な意味と由来についてを今回はご説明していきます。

方言

ほっこりする

方言の地域

滋賀県

方言の意味

標準語で「ほっこりする」は「心温まる」「安堵する」などの意味で使われますが、滋賀弁での「ほっこりする」は「疲れる」「うんざりする」という正反対の意味で使われていますので、使う際には注意が必要です。

他県では違う意味で使われている?

この「ほっこりする」ですが、滋賀県だけではなく意味は違いますが他の県でも使われています。
福井県では滋賀弁と同じの「疲れる」ですが岐阜県では少し異なり進行状況が思わしくない」ことを言う「捗々しくない」の意味で「ほっこりする」が使われています。

方言の由来

京言葉が関係している?

昔滋賀県が京都府との交流が盛んだったということもあり、滋賀弁は京言葉の影響が強く表れています。
この「ほっこりする」という方言も京言葉で「作業が一段落して人心地着く」という意味ですが、滋賀弁はこの前半に当たる「一段落して」ということから「一段落して疲れた」という意味になったのではないかといわれています。

「ほっこりする」を使った例文

美奈
美奈
あー、ほっこりした。やっぱし引っ越しの準備は体力いるわね。
(あー、疲れた。やっぱり引っ越しの準備は体力いるわね。)
ほんとやなあ。これがまだしばらくの間続くのかぁ…。憂鬱やわ
(ほんとだよね。これがまだしばらくの間続くのかぁ…。憂鬱だわ)
皐月
皐月
美奈
美奈
言わんといてや。余計ほっこりするさかい考えんようにしとったのにぃ
(言わないでよ。余計疲れるから考えないようにしてたのにぃ)
かんにんかんにん、ほやけどわしもちゃんと伝うさかい安心してや
(ごめんごめん、でも私もちゃんと伝うから安心してよ)
皐月
皐月
美奈
美奈
ほら有難いけど、ちゃんと家事もしに帰りなはれや?
(それは有難いけど、ちゃんと家事もしに帰りなさいよ?)
分かってるさかい心配せんで大丈夫やで
(分かってるから心配しないで大丈夫だよ)
皐月
皐月

まとめ

「ほっこりする」という滋賀弁ですが、標準語とは真逆の疲れたという意味で使われていました。
元は京言葉と書きましたがそれも知らなかったのでとても意外でした。

というか長いですね、京言葉のほっこりする。
長すぎて文章になるくらいですし前半と後半で滋賀弁と標準語の意味になったとありましたが、どの経緯で標準語と滋賀とで別に分布されるようになったのか地味に気になっちゃいますね!

おすすめの記事