【東京弁】東京都の方言「赤目引張る」の意味と例文

方言

赤目引張る

方言の地域

東京都

方言の意味

やっきになる、無我夢中

「赤目引張る」について

何故「赤目引張る」が「やっきになる」という意味になるのかですが、この言葉は必死になって周囲が見えなくなるということを言い表しています。

正に「無我夢中」になって周囲が見えなくなり、夢中になった挙句赤くなってしまった目が引っ張られている、そんな状態のことをそのまま言い表した方言だとされています。

「赤目引張る」の使い方

みな
みな

あんた、もう放課後なんだからそろそろ筆、置いたらどう?

えっ、もうそんな時間なの?ごめん、赤目引張ってて分かんなかった

さつき
さつき
みな
みな

あんたが一度絵を描き始めたら、赤目引張るのはもうずっと前から知ってるから、別に謝らなくてもいいわよ。こっちも課題が丁度終わったところだし

「赤目を張る」の例文

  1. 彼がスポーツに赤目引張るのは前からだ
  2. 彼女は放課後、赤目引張って宿題を終わらせた
  3. 彼は赤目引張って走った
おすすめの記事