【鳥取弁】「きょーさめー」の由来は鎌倉時代の古語だった!気になるその意味や使い方は?

「きょーさめーなぁ!」と突然言われたら驚いてしまいますよね。
実はこれ、鳥取県でとてもよく使われる方言。

鳥取弁といってもピンと来ない人が多いかもしれませんね。
今日は鳥取の方言「きょーさめー」の使い方やその驚きの由来についてもまとめてみます。

方言

きょーさめ

方言の地域

鳥取県

方言の意味

「きょーさめー」は、悪い意味で使われる言葉です。

  • 信じられない
  • あきれた
  • 驚いた
  • 不思議だ
  • とてもひどい

こういうときに感嘆文として話されることが多いです。

形容詞のように使われる言葉で、動詞は「きょうさめがる」になります。
「あきれる、驚く、不思議がる」という意味ですね。

「きょーさめー」の語源

一度聞いただけではなかなか習得ができない難易度の方言「きょーさめー」ですが、実は由来は私たちもよく知っている言葉なんです。

それは、「興醒め(きょうざめ)」

「それまでの楽しい気分や興味が薄れること」という意味の日本語で、標準語としてもよく使われる言葉ですよね。

もともとは古語で、鎌倉時代から使われてきたそうです。当時はさらに文字通りの意味で、「興が薄れること」という意味だったのですが、使われていくうちにおもしろみがなくなったときの深いな顔つきや、予想外の出来事が起きたときの驚いた表情を「興醒め顔」と呼ぶように。そこから、現在の鳥取県でも使われる「きょーさめー」という形容詞に発展したと言われています。

標準語としての「興醒め」は、それまで楽しいと思っていた気持ちが一気に失われることや、またその様子そのものを示すこともあります。
楽しい気分で盛り上がっていたところを、誰かの発言や行動によって一気に冷めてしまう瞬間のことですね。

「興醒め」の「醒め」とは、「酔いがさめる」「目がさめる」というふうに、意識がはっきりするというニュアンスが含まれます。それまで良い気分だったのが一気に正気に戻る、現実に引き戻されるといったイメージができますね。

一方、鳥取弁の「きょーさめー」は少しニュアンスが違う使われ方をしているのが分かります。

もともとは「おもしろみがなくなることやその様子」という意味だったのが、さらにひどい状況を想像させる言葉として浸透しました。

現代、鳥取弁として使われている「きょーさめー」は、本来の意味である「おもしろみがなくなる」というのはほぼ関係なくなってきており、ただ単に「驚くほどに不快である」「信じられないほどひどい」という、望ましくないシチュエーションで用いられる言葉になっているのです。

標準語としての「興醒め」のつもりで、鳥取で「きょうざめだ」という言葉を使ってしまうと少し違った捉え方をされてしまい誤解につながることもありますので、気を付けたいですね。

「きょーさめー」を使用した例文

たく
たく

「なんぼ探してもぜにぶくろがないなんて、きょーさめーことだ」(いくら探しても財布がないなんって、不思議なことだ)

「そげなことあるかいや?ほんにきょーさめ!」(そんなことあるの?本当に信じられないよ!)

さつき
さつき

まとめ

いかがでしたでしょうか?ご存知のように鳥取県は中国地方にあり東京からは遠い地理になりますが、方言の由来は標準語としても使われる言葉であるなど、意外な共通点も見られました。

人々が言葉を使い続けていくうちに、文化や人の表情をも包括してその意味ごと変わっていくという興味深い時代の流れも感じましたね。

鳥取県に行く機会があれば、方言だけでなく言葉の歴史についても現地の人と話し盛り上がれたら素敵ですね。

おすすめの記事