秋から春にかけてはみかんで有名な関西の和歌山県。
関西なんだから大阪と同じ関西弁では?とお思いでしょうが、和歌山ならではの方言、和歌山弁もあり、大阪弁などとは一味違う特徴が一杯あるのです。
そのような、一癖ある和歌山弁から「水せった」と言う方言を今回はご紹介します。

方言

水せった

地域

和歌山県

意味

ビーチサンダルの意味です。和歌山ではサンダルのことをセッタと言い、それに絡めてビーチサンダル=水せったになりました。

また、煙草のセブンスターもせったと表わすようで、和歌山県以外の人に「セッタがあるか」と聞くと、殆んどの人に煙草なんかない、と返されてしまうそうです。

絡めて水せったと言うようになった以外にも、水着の「水」と同じく、ビーチサンダルも夏場に海やプールなどの水場で使うことが多いため、水回りで使うせったからビーチサンダル=水せったと和歌山の人は言うようになったんじゃないか、とも言われています。

因みに、せったは昔から雪駄とされていますが、これは和歌山弁などの方言ではありません。
この水せった、和歌山ではポピュラーに当たり前のように使われている方言のようです。

和歌山弁の特徴について

関西では特に大阪弁や京都弁が知られ、それ以外の関西弁という括りの中の1つにされることも多い和歌山弁ですが、実は大阪弁や京都弁とは一味違う独特の特徴を持つ方言なのです。

和歌山県は古くより山が多い所為もあり、交通路から離れた場所に位置するのもあり、近畿方言中でも古い言葉・イントネーションが残っている特徴もあります。

他に特徴の1つとして「話したる」の「し」を「話いたる」、「ばっかり」が「ばっかい」になるなど、S、R、Wに代表されるような子音を発音せずに、ア行に代表される母音で発音します。

また、ざ行を発音できない人も多く、代わりに「ざぶとん」を「だぶとん」、「ぞう」が「どう」というように、だ行を使って発音します。この特徴は全国的にも認知されており、度々テレビ番組でも紹介されています。

「水セッタ」を使った例文

美奈
美奈
なぁ、あくるひぃ(明日)って暇?
良かったら海行かへん?
行こ行こ!
丁度日曜日に買った水着と水せった(ビーチサンダル)あるから、それ持っていこー
皐月
皐月
美奈
美奈
あたい(私)も新しい水せった(ビーチサンダル)と水着、買っちゃった!
明日天気みたいやし、海日和やね!

和歌山弁もちょこちょこ入れながら、関西弁も入れてみました。
あくるひぃが明日など、大阪弁と共通点もありますね。

まとめ

水せったをビーチサンダルと言う和歌山弁を紹介してきました。
雪駄しか浮かばず、下駄の撥水加工版みたいなのかなぁと思ってましたがまさかのビーチサンダル、えらく現代的な方言だなぁと思いました。
5で書いた和歌山弁の特徴以外にも、他の大阪弁とも似通った所もあるようで、やっぱり関西なんだなぁとちょっとホッとしました。

おすすめの記事